So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

作品の象徴 [季節を描く・小品]

作品にはそれぞれのイメージを持ち、とくに花鳥画の場合古くから寓意・象徴表現がその作品の主題に深く関わっていることが多くなっております。

水墨画を描くとき、なぜこのモチーフなのか、深く考えずにただ描く(模写する)人も少なくありません。

日本・中国に共通しているテーマも多いので、数例をあげてみます。

■梅雀図など

 梅は「百花にさきがけて咲く」と言われるように、寒い冬をじっと耐え、春の訪れを知らせてくれることから、喜びの象徴とされています。

CIMG17160.jpg


 また、群れで行動する愛らしい雀に関しても「一族繁栄・家内安全・富の象徴」と言った幸福を運ぶとされています。雀は昔から縁起の良い動物として可愛がられてきました。 特に希少な「白雀」は天皇に献上された程です。中国語の雀Que4 発音は、「」(jue2)と似た発音から、昇進・栄転を象徴しています。
 梅にスズメの絵柄はは、「寒雀」であり、北宋・崔白の「寒雀図」は最も有名です。
 梅雀図・竹雀図は絵画のみならず、花瓶・文鎮なのにもよく登場しています。

111.jpg







>>>お問い合わせ


(ご案内)水墨画・墨彩画教室
   新宿教室  電話 03-5338-6711
   千葉教室(柏)電話 04-7137-4811

体験レッスン受付中。



(水墨画教室 授業風景)

CIMG1698kk.jpg




152506kk.jpg








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。