So-net無料ブログ作成

固形墨、液体墨の効果検証 [活動記録]

ヒマ(?)なので、GW中には墨液、固形墨についてその効果を検証してみました。
そもそも、〇〇は素晴らしいとかようなキャッチは信用しないので、自分で確かめないと気がすまない方です。

検証方法はいろいろあります。
水墨の効果は、墨だけでなく、紙にもによりますので、発色が悪くなったりするといろんな要素も考えられ、まず同じ紙で異なる墨を検証してみないと基準も分かりにくい。

なので、今回はまず紙はニジミのある画仙(中国制)にしました。



IMG_4293.jpg


固形墨は、日本製のものは品種が多すぎてわかりません。中国製のものに限定しました。


① 固形墨 黄山松煙(中国製)

② 液体墨 書道用玄宗(日本製)

③ 液体墨 一得閣高級書画墨汁(中国製)

④ 液体墨 花仙(日本製)

⑤ 固形墨 蘭煙(中国製)

⑥ 液体墨 書芸呉竹(日本製)

固形墨について、①、⑤番 残りは液体墨(②、③、④、⑥番)

検証の結果
固形墨について、①の黄山松煙は乾いたら薄くなる傾向あり、⑤番蘭煙は適中?

黄山松煙は2800円で、日本で販売されている中国制固形墨の中で安価ではない。

液体の墨の中、⑥番の「書芸呉竹」は一番良さそう?

④番の花仙は今回の検証で分かったように(同じニジミの画仙を使用している)乾いたら薄くなったり灰色なったりして、形が溶けやすく、いちばん形が崩れています。

②~⑥は同じ筆、同じ要領で竹を描いています。これは骨がなく締まりのないニジミですね。

③の一得閣も形が崩れていますが、花仙までいかない。②の玄宗はまあまあ。墨色の変化が乏しい気がします。

花仙は、100ccで1400円~もするようですが、値段の割にはあまり期待できそうな効果はというと
難しいかなと思います。

今度別の紙で検証してみたいです。


※これはあくまでも一個人としての自分の検証結果です。紙、水、運筆などたくさんの要素によって変わりますので、ご参考程度にしてください。

※同じ理由から、検証は自分でやらなければ意味ありません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。